愛鳥2羽と愛主人との下町生活

下町住まい、主人と撮り二羽と仲良く暮らしています。庶民的なことは勿論、銀座のクラブ時代も過ごし、未だバブリーな記事もあります。ツラツラ綴っています。

119番で救急車 人生3度目 どうにもならない時は呼びましょう

またまた救急搬送されました

これで3度目になります

f:id:Jiyu-na-neko:20191229162559j:image
1度も自分で呼んだことはないのですが、本当に困ったら呼んでいいというところもふまえ振り返ります

 

1度目


北九州に出張でいたときでした


朝起きると関節が痛い・・・


昨日、運動してないよなぁと思いましたが熱に強い私は気づかず


でも何か変だ


体温計をホテルで借りると9度をゆうに超えている


ホテルのスタッフに体温計を返すとスグに救急車をよんでくれました


しかし、救急隊員にとても怒られたのを覚えています


自分で歩けるなら自分で病院に行け!


タクシーじゃないんだ!


たしか、こんな台詞だったと思いますが、その後どんどん熱は上がり、顔は茹でダコ


39.8度まで上がりました


そこから意識が遠のいています


こんな状態の人間に「自分で」ってどういうことでしょう?


北九州には二度と行きたくなった事柄です

 

2度目


主人がいてくれて助かりました


玄関で転び顔面から出血


救急車呼んで」に対応してくれた主人


119番すると色々質問されるようですね


この時は、救急隊員に全く怒られなかった


むしろ心配して下さって、近くの病院に搬送してくださいました


都内に住んでいるって本当にありがたい


東北の実家にいたらどうなっていたか考えると恐ろしいものがあります


血が止まらなかったので縫ってもらい、帰りは付き添ってくれた主人とタクシーで帰宅


行きは救急車でも帰りは自力ですから、そのことを考慮してお金の準備はしましょう

 

3度目


先日の話です


自転車で転び脳震盪


雨上がりで、飛び出してきた子供を避けようとし道路に思い切り転びました


少しの間、道に転がっていたんでしょう


親切なサラリーマンが、道に転がってしまった私の靴を履かせてくれました


車がきていたらペチャンコだったかもしれませんが、車道から少し内側だったようです


顔は腫れ上がってしまいまいましたが、主人が会社から飛んできて心強かったです


この時も怒られることはありませんでした


人生で何回も救急車に乗るって考えていませんでした


でも、本当に困ったら呼んでも大丈夫なんです


(北九州の対応酷すぎますね。あのままホテルにいたら一人で病院になんていけないのに)


東京は税金が多い都ですから、怒られることはないようです


でも!!!


本当に困ったら!!!


自力で行けるようでしたら、自分で


一番は健康で怪我をしないこと


これからお餅を食べるシーズンですから、喉につまらせないで、雪かきで屋根からお落ちないで、タイヤはしっかりスタットレスで、皆様が元気でありますように


最後までお読みいただきありがとうございました