愛鳥2羽と愛主人との下町生活

下町住まい、主人と撮り二羽と仲良く暮らしています。庶民的なことは勿論、銀座のクラブ時代も過ごし、未だバブリーな記事もあります。ツラツラ綴っています。

愛玉子 専門店で衝撃を受ける

 

先日主人と愛玉子専門店に行ってきました。


あまりの店内の乱雑さに衝撃をうけました。


知り合いの豆花店主が顔見知りなようで『それを言うと怒る』と言っていました。

 

何故人気店なのか・・・


きっと 個性的な雰囲気と味なんでしょうが、苦笑いしてしまったお店を紹介します。

 

外観と店内

f:id:Jiyu-na-neko:20190312145109j:image
f:id:Jiyu-na-neko:20190312145114j:image
見るからに老舗です。


先代から専門店として営業しているようです。


さてさて中に入ってみましょう。

 

私達の案内された席の脇には計算されていなそうな植物とインテリア。。

センスあるのか個性的なのか。。

f:id:Jiyu-na-neko:20190312145246j:image
そして薄暗い・・・

 

外は晴れているのに電気ついているのに暗いぞ、この店。


とりあえず、目的の王愛子を注文しました。

 

次に気になるのは

f:id:Jiyu-na-neko:20190312145232j:image

えっと、、ここって人を招く場所なんですよね?


主人は想定内みたいな顔してましたが、私は想定外!!


カウンターに乱雑に詰まれたダンボールを、布とガムテープで隠しだす店主に衝撃をうけました。

 

店内は狭いものの5テーブルあり、15人は入れると思います。


が!!3テーブルは使用不可


何是なら荷物置き場になっているから


飲食店は何千軒と伺いましたが、こんな店内見たことない。


お客さんが外で並んでいるんだから片付ければ儲かるのに、実質2組しか入れない。


利益はいらないのでしょうか?

 

王愛子


運ばれてきた王愛子みて、衛生的に食べていいものなのか観察。

f:id:Jiyu-na-neko:20190312151405j:image
f:id:Jiyu-na-neko:20190312151400j:image
主人に『大丈夫?食べられる?』っていわれましたが、大丈夫じゃない。


しばし悩みましてが人気店ということなので食べてみると美味しい。


寒天より歯ごたえがあり、噛んだ時の弾力が力強い。


甘さもいい。ほんのちょっぴりある酸味もスルスルと食べでしまう原因かもしれませんが、まてよ、待て待て!!


こんなチラシ置いとかないで〜

f:id:Jiyu-na-neko:20190315160110j:image
『カロリーは米食と同じくらいあり』


半分食べたところで主人に渡しました。 。。

 

 

 

結論


個性的


一人できりもりしていた若大将はフレンドリー


このキャラなら愛されるのでしょうし、「あそこのお店はああいうもんよ」と言われ受け入れられるのでしょうね。


実際人気なわけですから。


私も味は気に入り、カロリーが書いていなければ完食していたと思います。


少々変わったお店ですが、下町散歩の際に寄ったら楽しい光景がみれるかもしれません。


最後までお読み頂きいりがとうございました。


日々の日常を覗きにきて下さると励みになります。


宜しくお願い致します。

 

愛玉子

住所:上野桜木2-11-8

f:id:Jiyu-na-neko:20190315160308j:image